賃貸・分譲マンション、ビル、テナントの給排水管更新・改修・修繕工事、給排水衛生、空調換気・冷暖房設備は株式会社恒栄工業にお任せを

株式会社恒栄工業HOME

お問い合わせはこちら

建物全体ガス化

熱源に天然ガスを使用し、一箇所に設けたボイラ(熱源)で作った温水を各部屋に送って暖める方式です。

電気や灯油を熱源とする暖房方式に比べ、毎月の光熱費を抑えることができます。

 

ボイラ交換のイラスト

ボイラ交換のイラストエネルギーを天然ガス化するにあたり、必要となる工事(設備変更)は以下の通りです。

1.道路下に埋設されている本管から、敷地内へ管を引き込みます

2.天然ガス対応の配管に取り替え、各戸に引き込みます

3.ボイラーや暖房機器も天然ガス対応のものに取り替えます

※お住まいの地域に天然ガスが供給されているかの確認が必要となります

 

建物全体をガス化したときのメリット

1.ランニングコストが下がる!

「灯油給湯暖房」⇒「TES(都市ガスセントラルヒーティングボイラー)」に切り替えた場合の光熱費が、昨今の灯油価格だと、約25~30%の削減につながります。

2.「地下貯蔵タンクの規制強化」への対応策に

平成23年に義務化された灯油・重油のタンク(鋼製一重殻で地盤面下に直接埋設されたもの)の内面コーティング・電気防食への対応も不要になります。

「地下貯蔵タンクの規制強化(札幌市)」の詳細はこちら>

 

 

3.省スペースです!

灯油タンクが不要となり、熱源機もスリムなため外観がすっきりし、空いたスペースも有効活用することができます。

4.入居者へのアピールポイントに!(賃貸)

光熱費が安い物件を、選定のポイントとしているお客様に納得していただけます。

 

 

天然ガスと灯油、どっちがトクなの?

 

上記のように、熱源を灯油と比較した場合、年間30%前後のコスト削減が期待できます。

※灯油使用量はマンションにおける一世帯の平均量(1700リットル)を想定しております。

※まったく同じエネルギー使用量であった場合のコスト試算となります。

※給湯・暖房の使用比率によっては異なる場合があります。

※ガス料金は2011年6月のものを参考に試算しております。

 

天然ガスシステムの施工実績とノウハウがある恒栄工業だから、ご安心ください

集合写真当社は、北海道ガス株式会社様のガス内管工事指定工事店(※1)として、日常生活に欠かすことのできないエネルギーである「都市ガス」を各家庭へ供給するため、日々安全・安心な施工を行っております。
また、1992年より北ガス暖房設備店として暖房設備工事の実績も積み重ねてまいりました。北海道という厳しい環境の中で、お客様により快適な住空間を提供できるよう、各種暖房システムのご提案から施工までトータルにサポートしてまいります。

 

※1
ガス内管工事指定工事店~都市ガス事業者(北海道ガス株式会社様含む)より認定を受けた工事会社で、ガス工事の施工を行うことができます。

 

 

 

建物全体ガス化の事例

実際に弊社が施工した、札幌市内 某マンションガス化の実例をご紹介します。

 

 

 

 

工事期間内でも既存のボイラーやコンロを使用するため、
まず建物内共有部にガス管を設置する「先行配管作業」を行います。

 

 

 

次に、建物共有部の切替作業を行います。
地中のガス本官から分岐させ、次に建物の中のパイプシャフト内を切り替えます。

※切替時は一時的にガスコンロが使用不可となります。

 

 

最後に、各戸の切替作業を行います。

■ガス炊きボイラーを設置します。(灯油ボイラーを撤去)

■コンロ用のガス配管をボイラーにつなげるため、分岐をします。

■ガスの配管を新設したボイラーへ接続します。

→試運転をして、問題なければ完了です。

 

 

 

事業内容一覧へ戻る

お知らせ

 

さっぽろエコメンバー北海道グリーンビズ

 

グループ会社

株式会社エルシークリーン

札信電気實業株式会社

北ガスフレアスト西

Copyright©2012 Koei Kogyo All Rights Reserved.