賃貸・分譲マンション、ビル、テナントの給排水管更新・改修・修繕工事、給排水衛生、空調換気・冷暖房設備は株式会社恒栄工業にお任せを

株式会社恒栄工業HOME

お問い合わせはこちら

マンション理事様(管理組合様)に多いお悩み1

Q.給排水管や給水ポンプって、あとどれ位もつんだろう?A.材質や設置条件等によって異なりますが、 一般的には20~25年前後と言えるでしょう

給排水管の耐用年数

給排水管の材質は大きく分けて「金属系」「樹脂系」「金属と樹脂の複合」の3タイプがあります。時代や使用用途によりそれらが使い分けられているのですが、2000年以前のマンションであれば、材質によっては築25年前後で漏水や赤サビ等が発生する場合があります。

まずは「材質確認・現地調査」をご依頼されることをお勧め致します。

 

給水ポンプの耐用年数

これもやはり使用頻度や設置条件等により異なりますが、一般的には20年前後と言えます。ただしそれ以前にも部品交換や修理対応は発生することが多いので、定期的なメンテナンスをお勧めします。また、「受水槽方式」と「直圧方式」ではポンプの種類も異なるため、ポンプ更新時期に併せて直圧化を実施するマンション様が多くあります。

 

ちなみに…

給排水設備の法定耐用年数は15年です。「建物付属設備」として分類されます。

 

 

 

 

お知らせ

 

さっぽろエコメンバー北海道グリーンビズ

 

グループ会社

株式会社エルシークリーン

札信電気實業株式会社

北ガスフレアスト西

Copyright©2012 Koei Kogyo All Rights Reserved.